韓国コスメの保湿力の高さ

韓国コスメLabo~ヒットの秘訣、美肌の秘密を解説!

韓国コスメLaboトップ > 韓国女性の美肌の秘密 > 韓国コスメは保湿力の高さが特徴

韓国の風土にあわせた保湿力の高さが韓国コスメの魅力

韓国は行ってみるとわかりますが、むちゃくちゃ寒いです。冬のソウルに行く日は雪の降らない北海道ぐらいに行くぐらいに思っていたほうがいいです。 それぐらい、痛いぐらいの冷たい風、そしてカラカラに乾いた空気が印象的です。

日本でもそうですが、寒いうえに湿度が低く、空気が乾燥しているというのは肌にとっては厳しい環境になります。 水分は奪われるし、血行不良で肌の代謝は落ちるしで、どうやったって肌は乾燥してしまうんですね。

そんな環境だからか、韓国コスメは保湿力に重点を置いているものがほとんどです。 この保湿力の高さが気に入って韓国コスメを使っている人も多いぐらいですから。

ただですね、保湿力が高いといっても何か韓国コスメならではの保湿成分が入っているのかというと別にそんなことはなくて 韓方成分がたっぷり配合されているぐらいで、その他の成分にかんしては日本の保湿化粧品と変わりないです。

そもそも肌が乾燥する仕組みや肌の水分保持力を高めるためのアプローチ方法などは、日本人も韓国人も変わらないですから。 あえていえば同じモンゴロイドということで肌質が近いので、欧米の化粧品を使うよりは韓国コスメのほうが使用感がいいぐらいです。

それから韓国コスメにかぎりませんが、保湿力が高いという化粧品のなかには合成ポリマーで肌にフタをしているだけで、 肌の水分保持力を高めるという根本的な働きをしてくれているわけではないものが多いです。

本当に保湿できているのかごまかされているだけなのか注意する必要はあります。

肌の水分保持力を高める保湿成分は入っているか!?

肌が乾燥するというのは肌の水分保持力が落ちているからです。

その原因は肌のバリア機能が失われてしまうからですが、なぜ肌のバリア機能が失われてしまうかというと空気の乾燥はもちろん、 擦ったり、叩いたりという乱暴なスキンケア、洗浄力の強いクレンジングの継続使用などがあります。

肌のバリアが機能が失われると肌のターンオーバーの周期も乱れがちになるため、肌トラブルが増えてしまいます。 シミやシワ、くすみ等年齢肌を代表する肌トラブルが加齢とともに目立つのも肌の乾燥が肌老化を加速させるからです。

一生懸命エイジングケア効果が高い成分が含まれた基礎化粧品を使っていても、肌に潤いがなければそもそも肌に浸透していかない といった問題もあるので何よりもスキンケアは保湿を最優先しないといけません。

肌トラブルを避け、肌老化を遅らせるためにも必要になるのが保湿なんですね。

保湿を目的にスキンケアをする場合は、保湿力が高いという化粧品を選ぶと思うんですが、その際は必ず肌の水分保持力を高める 保湿成分が配合されているかを選ぶようにしてください。

韓国コスメだから保湿力は高いだろうではなくて、セラミドだとかヒアルロン酸といった保湿成分がちゃんと配合されているか?で判断しましょうということです。

そう考えると成分表示が読めない現地の韓国コスメを買うというのは意外とリスクがあるかもしれません。 事前にリサーチしたり、日本版がある場合はそちらの成分表示を確認して見るのがいいかと思います。

それから韓国の人が寒さ厳しい冬に負けずに美肌を保っているのは、高保湿コスメの存在もそうですが、 カプサイシンを摂取して、常に体が内側から温まっていることで血行不良による代謝の低下を防いでいることも大きいと思います。

「韓国女性の美肌の秘密」カテゴリのその他の記事

韓国人女性の肌は驚くほどきれいです。それって理由があるんでしょうか?
韓国の女性は普段どうやってスキンケアしているんでしょうか?
韓国コスメが人気の理由を解説します。
今ココ⇒
乾燥している気候のせいか韓国コスメは保湿力の高さが特徴です。

↑ PAGE TOP