韓国の敏感肌コスメブランド「BRTC」

韓国コスメLabo~ヒットの秘訣、美肌の秘密を解説!

韓国コスメLaboトップ > このブランドに注目! > BRTC

韓国で人気の高い敏感肌コスメブランド「BRTC」

BRTCは、韓国でも指折りの人気コスメブランドです。

日本でも大ヒットしたBBクリームをはじめとして、CCクリーム、基礎化粧品、メイク用品をたくさん取り扱っているんですが、 人気の秘密は、敏感肌の方でも安心して使用できる植物性特許科学を活用して安全で低刺激な化粧品を開発している点でしょうか。

ようするにBRTCは、敏感肌向けの韓国コスメだということです。

外部刺激に弱いことが敏感肌にとっては悩みの種で、スキンケアをしようにも普通の化粧品では肌が刺激を感じてしまって使えないことが多いです。 その点、メディカルコスメであり、かつ自然派化粧品でもあるBRTCなら肌が弱くデリケートな状態であっても肌に負担なく安心して使えるんですね。

わざわざ韓国まで行って買いに行く必要がなく、通販で購入できるんですが、なんか怪しいショップが多いような気がしますね。 正規の代理店なのかそれとも個人で並行輸入して売っているのかはちょっとわからないんですが、敏感肌向けだけあって、 トラブルの際の対応はきちんとしてもらいたいんですが、ちょっと難しいかもしれません。

韓国のBRTCの公式通販から購入するということもできますが、直送される化粧品については個人輸入とみなされるため関税が課せられる場合があります。 個人で使用する分で大量購入する方はあまりいないと思いますが、販売目的で大量に仕入れた場合は関税がかかります。

購入金額が20万円以内なら免税ですが、20万円を超えた分については課税対象になるのは覚えておきましょう。

敏感肌向けの基礎化粧品は国内ブランドがいいと思う。

個人的には敏感肌用の化粧品は慎重に選ばないといけないと思っているので、いくら韓国コスメ好きだからといって、 「成分表示が読めない」「トラブルがあったときに連絡ができない」デメリットがある海外のものは使わないほうがいいと思っています。

もちろん日本支社があるとか、正規代理店があるというのなら話は別ですけど、医薬品とか化粧品など薬事法が絡んでいる商品を使うという場合、 副作用などリスクがあるので、もしものことを考えてないといけないわけですよね。

肌にトラブルが起こったときなどは使った化粧品を持って皮膚科にいくというのが基本なんですが、 ハングル語で書かれた化粧品を持っていてもお医者さんも多分わからないでしょう。

それから敏感肌の人が覚えておきたいのは「天然成分であれば肌に優しい」というわけではないことです。 ウルシで肌がかぶれることからもわかるように天然成分であっても肌に刺激になるものは多いですし、アレルギー反応がでるものもあります。

敏感肌やアトピー肌の治療にも使われるワセリンが石油由来の鉱物油ということを考えると、 肌にとってリスクのある成分を徹底的に排除できるうえ、シンプルな構造をした化学成分のほうが天然成分よりもずっと安全性が高いということがいえるんですね。

BRTCもそうですが、韓国コスメは自然由来の成分が多く配合されています。ただ、だからといって肌に優しいかというとそれは別問題で、 むしろ天然成分のほうが構造が複雑な分だけ、肌に刺激があった場合の原因物質の特定が難しくなるということは覚えておきましょう。

「このブランドに注目!」カテゴリのその他の記事

今ココ⇒
韓国で人気の高い敏感肌コスメブランド「BRTC」について
韓流自然派コスメの先駆け「ネイチャーリパブリック」について
価格ではなく、中身が大事!「ミシャ」について
韓国を代表するチープコスメブランド「トニーモリー」
韓方化粧品の定番中の定番「雪花秀(ソルファス)」

↑ PAGE TOP