キャビア

韓国コスメLabo~ヒットの秘訣、美肌の秘密を解説!

韓国コスメLaboトップ > 韓国コスメの注目成分 > キャビア

アンチエイジングに効果大!?「キャビア」の実力

高級な食材として有名なキャビアですが、美肌効果もあるみたいですね。

キャビアはビタミン、ミネラル、アミノ酸、プロテイン、レチノールなどの成分が凝縮されていることに加えて、 肌のタンパク質と構造が似ていることもあって、肌との親和性が高く、馴染みやすいのが特徴といえます。

後で詳しく紹介しますが、食べて効果はあっても肌に塗るとダメだったり、その逆もあるなかで、 食べても肌に塗っても効果があるという成分がいくつかあるんですね。キャビアはその1つだってことです。

主にどんな人がキャビア配合の化粧品を使っているのか?というと、加齢による乾燥肌やハリ・弾力の低下に効果が高いと言われています。 その理由はキャビアに含まれている豊富なアミノ酸や抗酸化成分が年齢肌のケアに最適だから。

特にベルーガというチョウザメから採れるキャビアは抗酸化作用といいアミノ酸量といい最高品質みたいです。 当然ながらそんなキャビアを使おうとなると、びっくりするぐらいお金がかかるので一般人には関係ない話ですけど。

カタツムリエキスやヘビ毒などと比べると、「キャビア」ならではの作用といいますか、効果効能がないので、 あえてキャビア配合の化粧品を利用する理由があるのか?といえばちょっと疑問なのは確かです。

同じ作用が期待できて、もっと安い成分はいくらでもあるので、効果で化粧品を選ぶ人にとっては出ていくお金が増えるだけで あまりキャビア配合化粧品を使うメリットはないような気がしますね。

【美肌コラム】美肌にいい食材をそのまま肌に塗ってものせても意味がない。

韓国ドラマなんかをみているとキュウリを輪切りにしたものをパックにしている光景をたまに見ます。 「私の名前はキムサムスン」という大人気のドラマがあるんですが、そのなかでも主人公のサムスンがキュウリパックしてましたし。

韓国では化粧水や乳液は市販のものを買ってもパックは自作することが多く、キュウリはもう定番中の定番なんですね。 日本ではこうした食品を使った美容法というのはかなり下火というか、昔の美容法という感じがしますが、 「韓方命!」の韓国ではこうしたアナログの美容法は今でも人気があるんです。

ちなみにきゅうりパックですが、ほてりを抑える効果、ビタミンCの美肌効果が期待できるほか、水分を補給できるので保湿にも効果を発揮するといわれています。 ただ、これって皮膚の仕組みや化粧品について勉強したことがある人ならすぐ「嘘つけー」とわかるはずです。

胃や腸や栄養素等を吸収するようにできている器官ですが、皮膚はどちらからという異物をブロックして排出するという器官です。 なので、食べて効果のある食材をそのまま肌にのせてもまったく意味がないんです。

食べて吸収するのと肌から浸透させるのはまったく別問題だということです。

ビタミンC、アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなど、もともと肌や身体のなかに存在する成分というのは、 食べても飲んでも体の中では同じような働きをしてくれます。だから有効成分として健康食品にも配合されているし、化粧品にも配合されています。

食べて摂取すれば体全体に効かせることができるのに対して、化粧品はその部分だけというのが違いなんですが、たとえばビタミンCの効果を栄養と思ったら 食べるし、化粧品も使うしで肌の内側と外側の両方からアプローチするのが一番いいです。

「韓国コスメの注目成分」カテゴリのその他の記事

ネバネバ粘液に隠された驚異の美肌パワー!カタツムリエキス
塗るボトックスでシワを改善!シンエイク(蛇毒)
ニキビ・肌荒れなど炎症系トラブルに!蜂毒(ミツバチ)
今ココ⇒
アンチエイジング効果に期待!?キャビア

↑ PAGE TOP